×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンビニフィットネスとは

コンビニフィットネスという新しいトレーニング方式が注目されていますね。運動不足からくる健康不安を解消するためにマシンを使った有酸素運動やウエイトトレーニング、スイミング、運動プログラムを見て希望するレッスンを受けるフィットネスクラブが主流だったフィットネスに変化が現れているのです。肥満を解消したい、メタボリック症候群になりたくないなどの健康ブームに乗って会員を増やしてきたフィットネスクラブですが、入会したものの長続きがしない人も多いといわれますね。
コンビニフィットネスは従来のフィットネスに比べ、行きたい時に行って、着替えをする必要もなく、短時間でトレーニングができ、手軽に運動不足が解消できるものです。日経トレンディ2006年のヒット予測ランキングで6位に入っているコンビニフィットネスが大ブームしそうです。団塊の世代の人達が退職するのに伴い、健康にファンを持ったり、運動不足を解消するために気軽に行けるコンビにフィットネスに注目です。
コンビにフィットネスには従来のフィットネスのようなマシンやスタジオ、風呂、シャワーもないところが殆どで、簡単に、短時間でトレーニングができるのが売りなんですね。

コンビニフィットネスのトレーニングは?

コンビニフィットネスは利用者の方は簡単に短時間にいつでもトレーニングができてとても便利ですが、コンビにフィットネスを経営する面においても従来のフィットネスに比べ、低コストで経営できるのですね。従来のフィットネスのように、マシンやスタジオなどを設置しなくて済むので、20坪前後の広さがあれば、住宅地やスーパーなどの一角で簡単にオープンできるところから今後一気に広まる可能性があるとされています。
コンビニフィットネスでは「サーキットトレーニング」と呼ばれるトレーニング方法を取り入れているところが多いようですね。「サーキットトレーニング」はウエイトトレーニングに有酸素運動を加え、ストレッチを繰り返して筋力をアップするトレーニングです。「サーキットトレーニング」はウエイトトレーニングを30秒、ジョギングを30秒、これを30分くらい交互に繰り返すものです。「サーキットトレーニング」の特徴は有酸素運動と無酸素運動を交互に繰り返すことによって、体を鍛えることができ、余分な脂肪燃焼に効果があるのです。
コンビニフィットネスは自分が行きたい時にいけるので、無理をせずに続けることができます。健康のためのトレーニングは続けることで効果が出てくるのです。

増えるコンビニフィットネス なぜ?

アメリカで急増したコンビにフィットネスは日本でも2006年の夏ごろから大都市近郊で広がり始め、現在では1000店にもなっているといわれ、年々増え続けています。最近は女性がトレーニングをする傾向が強まっており、簡単に短時間なトレーニングができるコンビニフィットネスに行く女性が増えそうです。2008年4月から健康保険に加入する40歳以上の被保険者・被扶養者を対象に厚生労働省がメタボリック症候群対策として保健指導や検診を健保組合や自治体に義務付けましたが、厚生労働省のこの検診や保健指導義務化で、医者から指摘された隠れメタボの女性たちがこぞって運動をしようとコンビにフィットネスでトレーニングを開始することも予想されるのです。
肥満や運動不足による糖尿病、心臓病など生活習慣病を減らす上でも簡単に、いつでも短時間にトレーニングができるコンビにフィットネスは魅力です。特に女性専用のコンビニフィットネスが増える可能性があります。コンビにフィットネスは低コストで開業できる新規事業としても注目されており、現在1000店くらいあるコンビにフィットネスは、数年で3000店から4000店にまで増える予想すらあります。

Copyright © 2014 コンビニフィットネスでスタイリッシュに プライバシーポリシー